自分で選べるからこそ安心!電力自由化の制度について知ろう

一軒家

光熱水費を節約する

悩む女性

新電力による料金プラン

電力自由化によって、様々な電力会社ができましたが、サービスを受ける利用者は、それぞれの電力会社の中から自分で利用する会社を選ばなければなりません。もちろん、何もしなくても、今までどおり地域の電力会社から電力の供給を受けることができます。電力自由化と言っても、既存の電力会社が優位であることに違いはありません。ただ、新電力と呼ばれる新たにできた電力会社は、多様な料金プランを提供していますので、自分たちにあった電力会社を選ぶことで電気料金を節約することができるのです。既存の電力会社は電力が収益の柱ですから簡単に値下げはできませんが、新電力は副業として行う場合が多いため、電気料金の引き下げが期待できるのです。

光熱水費全体をみる

電力自由化の目的は競争性を高めることで適正な電気料金の設定や多様な発電主体をつくることにあります。重要なことは料金プランを比較して、利用者のメリットのあるものを選ぶことです。既に、多くの新電力が参入しており、それらを比較検討して乗り換えている人も少なくありません。新電力の料金体系として多く用いられているのが、電気と光熱費を組み合わせているパターンです。電気だけの見積もりではなくなるため、利用者としては、複数の会社を比較することが大切になってきます。具体的には、電気料金の価格だけを比較して選ぶのではなく料金プランの詳細について細かく見てみると良いでしょう。電力自由化に対応するには様々なことを視野に入れて決めていくことが重要になります。