自分で選べるからこそ安心!電力自由化の制度について知ろう

一軒家

化石燃料枯渇への発電対応

バイオガス

有機ゴミを活用

将来間違いなく訪れる化石燃料の枯渇や化石燃料による発電で発生する二酸化炭素による地球温暖化という問題にともない地球規模での対策が急務と言われています。そこで、近年注目されているのが、再生可能エネルギーの利用です。太陽光発電、風力発電、波力発電、地熱発電、潮汐発電などさまざまな再生可能エネルギーに取り組まれていますが、バイオガス発電も有力な発電方法として注目されています。バイオガス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材といった有機ゴミから、嫌気性微生物の力を利用して発酵により可燃性のメタンガスを生成させ、そのバイオガスの燃焼によって発生した熱を使うことで、発電機のタービンを回し発電を行います。

発電でCO2は増えない

バイオガス発電は、サトウキビやトウモロコシ等を原料とするバイオエタノール発電よりもエネルギー回収率が高いとされていて、効率の良い実効的なクリーンエネルギーとして多方面から期待されています。化石燃料による火力発電に比べると、施設の構造が単純で、稼働時のトラブルが少ないのも有効な特長です。さらに、原料の確保においては、日常の社会活動において大量に発生する有機ゴミを燃料にするので、化石燃料と違い枯渇の恐れがなく、エネルギーの安定供給が可能となります。また、バイオガス発電は、「排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同量である」という「カーボンニュートラル」においても、空気中の二酸化炭素を吸収固定するものを原料として燃やしているので、大気中の二酸化炭素は増加しないのも人気の理由です。